«
»

コメント欄の表示

wordpressのブログにもそろそろ慣れてきたし、少し時間が取れるようになったので、今まで非表示にしていたコメント欄を表示させることにしました。

思いのほかこの作業が手間取りましたので備忘録として残しておこうと思います。

当ブログのテーマはcocoonです。

 

スポンサーリンク

①ダッシュボード —> 設定 —> ディスカッション

まずは、テーマに関係なくwordpressの設定を変更します。

 

ディスカッション設定の、デフォルトの投稿設定の中の「新しい投稿へのコメントを許可」にチェックを入れます。

おそらく、だいたいはこれでディスカッション設定を終わりにしても大丈夫だと思います。

 

私はwordpressを始めたときには、コメント欄を非表示にすることに徹底していたため、いろいろと面倒な設定をしていたようです。

いざ、表示させる段階で苦労しました。

コメント欄を表示させるのに障害となる設定として、以下の設定がありました。

 

スポンサーリンク

他のコメント設定 —> ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする

「ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする」にチェックが入っていると、一般の方にはコメント欄が表示されません。

wordpressにアカウントを持っている人が、wordpressにログインした状態でアクセスしているときに限り、コメント欄が表示される設定です。

 

誰でもコメントできる状態にする場合には、この項目のチャックを外します。

 

他のコメント設定 —> ○○日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる

「○○日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる」にチェックが入っていると、設定した○○日以上前の記事にはコメント欄が表示されなくなります。

チェック項目の文章を丁寧に読めばその通りなのですが、私はこの設定にチャックを入れていることで表示されないことに気がつくまで何時間もかかってしまいました。

 

古い記事には自動的にコメント欄を非表示にしてくれる点ではとても便利な機能だと思いますが、とりあえず表示させたいときにはチェックを外します。

 

②ダッシュボード —> 投稿 —> 投稿一覧

①の設定では、新しく投稿する記事にしかコメント欄は表示されません。

今回は過去に書いて投稿した、すでに公開されている記事にコメント欄を表示させたいので、以下の設定が必要になります。

 

投稿一覧から、コメント欄を表示させたいタイトルのクイック設定を選択します、その中の「コメントを許可」にチェックを入れて更新ボタンを押します。

このようにすることで、それぞれの記事に対してコメント欄の表示/非表示を切り替えることができます。

 

過去記事のすべて、もしくは、たくさんの記事に対して表示させたい場合には、上記の設定方法では大変なので、コメント欄を表示させたい記事のチェックボックスをチェックし、一括操作タブをプルダウンさせて編集を選び、適用のボタンを押します。

タイトルの先頭に出現した一括編集において、コメントを許可して更新することによって、一度に多くの投稿に対してコメント欄を表示させることができます。

 

③ダッシュボード —> Cocoon設定 —> 投稿

ここではCocoonの設定になりますが、Cocoon設定の投稿の設定中にも「コメント設定」の欄がありますので、「コメントを表示する」の項目にチェックを入れます。

 


①~③を設定することによって無事にコメント欄は表示できました。

 

私がコメント欄を表示させるにあたって設定を変更した箇所の紹介でした。

 

 

kotone’s field pro に戻る

ブロトピ:ブログ更新しました

コメント

タイトルとURLをコピーしました