«
»

ネイルシールを楽しもう

ジェルネイル

私はジェルネイルを始めると、7~8時間かかります。

それほど凝ったデザインを施すわけではないのですが、爪の形を整えたり、甘皮の処理をしたりするのに、結構の時間を要します。

 

当然、腰にものすごく負担がかかり、ぎっくり腰などを誘発したりします。

 

そんなセルフジェルネイル生活を送る私を見かねてか、美容鍼の先生がネイルシールをプレゼントしてくださいました。

これなら15分くらいで出来ますよ、とのことでした。

 

スポンサーリンク

ひとまず情報収集を

若い頃に、マニュキアを施したときの飾りの一つとして、ネイルシールを使ったことはありますが、セルフジェルネイルでは使用したことはありませんでした。

爪の全面にシールをうまく貼れるのだろうかととても不安でした。

 

そこで、検索ワードとして「ネイルシールの貼り方」を入れて検索してみました。

いろいろな動画がヒットしたので、その中のいくつか拝見し、ポイントを自分なりに押さえました。

 

とりあえず、ポントは以下の通りのようです。

・シールを台紙から剥がすときは、爪先側をつまんで剥がす

・気泡が残らないように、爪の根元側から貼っていく

・貼り直しをしない

 

いわば一発勝負に近いわけですね・・・うーむ(^-^;、緊張してきました。

 

下準備

ネイルシールとはいえ、爪の形を整えたり、甘皮の処理などは必要だろうと考えて、ジェルネイルを施すときと同じように下準備しました。

何もしないのと、きちんと整えるのとでは、仕上がりのみならず、ネイルシールの保ちも違うと思うのです。

 

そこで、ベースジェルを施すところまでは、いつものジェルネイルと同じように準備しました。

 

ネイルシールを貼ってみました

シールがよれてしまったり、気泡が入らないように慎重にシールを貼りました。

 

爪の根元にシールを置いて、反対の手の指の腹で優しく貼り付けていくと、案外簡単にシールはきれいに貼り付きました。

 

しばらくすると、爪の先の中央のシールが浮いてきました。

シールには粘着剤が付いているとはいえ、平面状のシールを立体の爪に貼り付けているので、爪先のシールが浮いてしまうようです。

 

何かで固定する必要があると考え、クリアジェルで上から押さえることにしました。

ネイルパーツを埋め込む要領で、ネイルシールの上からクリアジェルを施しました。

 

シールが浮いてこないことを確認した後、トップジェルを塗って仕上げました。

 

爪の強度が足りない感じ

見た感じはとてもきれいに仕上がったと思うのですが、なんとなく爪の強度が足りないような気がします。

 

もともと私の爪は薄く、強度がないため、ジェルネイルをしていないと、フニャフニャとたわんでしまいます。

ですから、爪に強度を持たせる意味でも、ジェルネイルはとても大切なのです。

 

定番のジェルの塗り方は、下記の通りです。

ベースジェル1回塗布—>デザイン(カラージェル3〜5回塗布)—>クリアジェル1回塗布—>トップジェル1回塗布

単純に計算しても、仕上がりはジェルが6〜7層になっているため、爪はそれなりの強度を持つことが出来ます。

 

ネイルシールの場合、デザインをカラージェル3〜5回塗布することによって施すところを、ネイルシールによって仕上げてしまうので、その分だけ強度は低くなります。

そのことを強く感じるのは、パソコンで文字を入力しているときです。

キーボードをカタカタ叩くと、そこそこ長さのある爪の先がキーにあたったときに、たわんでしまうのです。

とても気になります(-“-)

 

爪がたわむとシールが剥がれる

爪のたわみは、キーボードを叩いているとき以外にもおこります。

手先を使っているときには、ちょくちょくおこります。

 

爪がたわんで変形すると、指先に違和感があるだけではなく、爪先のシールが剥がれる原因にもなります。

実際に2~3日もすると、右手の薬指の先端のシールが少し剥がれてしまいました。

 

強度を上げましょう

ネイルシールを貼ったときに限らず、ジェルネイルを仕上げた後に強度が足りないと思うことは多々ありました。

そこで、強度を上げることを真面目に考えてみました。

 

強度を上げるためには、単純に考えれば、丁寧にジェルを重ねていくことで出来そうな気もします。

でも、世の中には無数のジェルの種類があるのですから、こんな時に適したジェルが存在しているようにも思えます。

 

爪の強度を上げたいのなら、硬いジェルがいいんだろうなぁ・・・

などと考えつつ検索をしてみると、爪が薄くて強度のない方々のblogや動画がたくさん見つかりました。

大いに共感しつつ拝見させていただきました。

 

スポンサーリンク

いままではクリアジェルで

爪の長さ出しは時折行っていましたが、一番最初に購入したクリアジェル、「プチプラ クリアジェル」¥748(税込)で行っていました。

 

このジェルは、「粘度が高く操作性に優れたクリアジェル」「ジェルスカルプやパーツの埋め込みもしやすい」「強度もある」とのこと。

実際に使った感じも、粘度が高いことを意識してゆっくり丁寧に扱ってあげれば、大体うまく仕上がりました。

 

パーツの埋め込みはもちろんのこと、長さ出しの際には、しっかりとした爪先も形成してくれました。

とても万能なジェルだと思います。

 

ビルダージェルを買ってみよう

それでも、形を作るのに適したジェルには、さらに上があるものです。

探してみると、こんなうたい文句が。

「ハードジェルのように、耐久性、透明感、硬さを実現!!」

なんでも、1cm程度の長さだしも可能とのことです。

 

頼もしい限りです。

 

ということで、「ネイル工房 ジェルネイル プレミアムビルダージェル3g」¥500(税込)、を購入することにしました。

現在、商品が届くのを首を長くして待っているところです(^-^)

 


少しずつ知識が付いてきて、少しずつ出来ることも増えてきました。

とても楽しいです(^-^)

 

kotone’s field pro に戻る

ブロトピ:ブログ更新しました

タイトルとURLをコピーしました